「日記」





登場人物

樋野 雅明(ひの まさあき)
主人公。20歳。
フリーター。
電子系専門学校を卒業するも、就職先が決まらずにバイト生活突入。
現在のバイト先は始めて2年近く経っており、かなりの仕事を任されている。
本人は主戦力とされる事を嫌がっているのだが、その意思とは裏腹に最近はさらに仕事量が増えている。

早坂 梓(はやさか あずさ)
ヒロイン。21歳。
フリーター。
高校卒業後、普通に事務職に就いていたのだが、環境の悪さを理由に退社。
以降、現在のバイト先で働きつつ、空いた時間は登録制のバイトをして将来の夢のために貯金をしている。
バイト暦は主人公より半年長く、彼女もまた主戦力として店を回している。









 「日記」


6月2日。
今日は大雨。使い古された表現を使うなら「バケツをひっくり返したような」状態。…ホントに古典だな。
まあそのおかげで仕事はかなりラク、店はガラガラだった。

てな訳で今日は倉庫やカウンター周りの整理整頓、備品のチェックや補充をメインに行った。
いつもは忙しくて手が回らず、ついつい後回しにとなってしまう作業だけに、それらを今日一日で片付けれたのは非常に大きい…って、別にオレの仕事じゃないよね、コレって(苦笑)

せめてもう1人、色々と気付ける人がいてくれると助かるんだけど…
とりあえず高望み…というか、ないものねだりはヤメ、と。

話は変わるが今日、倉庫の奥からゴールデンウイーク中に使っていた展開物がゴソッと出てきた。こういう負の遺産はもう勘弁して欲しい。マジでマジで。
っていうか何で取っておいたん?
思いっきり今年の年号が付いてるんだからさ、来年はどう頑張ったって使えないって。
しかも来年も同じような展開POPとか来るし。

まあね、この店は平気で数年前の品(勿論不必要なものばかりね)が出土するような店だから、仕方ないと言えば仕方ないんだけどさ。
…でもさすがにオープン時のチラシが残ってるのはどうかと思うで?(笑)
あとアレですよ、完全に理解出来ないのが掃除用のモップのストックね。
何でモップの柄だけ豊富に取り揃えてるんだよ。あんなの誰も壊さねえって。

明日は忙しくなりそうな気がしないでもない。とりあえず覚悟だけはしておこうと思う。
…そういや先週辺りから有線から流れ出した曲、誰が歌ってるのか知らねえけど、結構好みかも。
後でチェック、と。

さ、寝よう。





6月3日。
危うく遅刻しそうになるの巻。
…いやいや、アレはいくらなんでもオレのせいじゃねえよ。
と、まあそんなこんなで今日は朝から大変だったり。
原因は判らないんだけどさ、家の主要な時計が全部おかしくなってるのね。
部屋の時計は2時間遅いし、居間の時計は止まってる。ビデオとコンポに至っては先月の停電からずっと「AM 0:00」が点滅してる状態ですよ。そりゃあ余裕でデザートにプリンまで食うっちゅうハナシですよ。
…しかもご丁寧に「プッチン」までしたしね。洗う皿が無駄に1枚増えるだけなのに(笑)

とりあえず今日はバイト先に着く前から疲れたのでありました。





6月4日。
今日は土曜日。店も微妙に混んでいた。
天気がいい事もあり、自分の担当する資材コーナー&園芸コーナーは結構な盛況ぶり。特にセール品も無い中であれだけ売れるというのは、まだガーデニングブームが続いている証拠なのだろう、と思う。
ま、どうせ続いてあと1年くらいのムーブメント、客の顔を見てもそんなに土いじりが好きそうな人はいないのが現状なのだが。
…土いじりが好きそうな顔ってどんなのなんだよ(笑)

と、そんな微妙に忙しかった今日、遅番で入っていた泉クンが急に欠勤、仕方がないので3時間ほど残業してきた。
遅番に入るのは久し振り、1年以上はブランクがあると思うのだが、そこはかとなく新鮮な気分で仕事が出来たような気がする。
仕事内容自体はそれほど大差がないのだが、混み出す時間帯が違ったり、早番では行わないレジの金額チェックをやったり…と、ちょっとした新人気分を味わえた。

で、その残業の絡みにより、普段はもらえない途中休憩があったりするのだが、勝手が分からない&急な話だった事もあり、せっかくの休み時間を何ら有効に使えない自分がいた(苦笑)
とりあえず食料品売場からカップめんと飲物、あと懐かしさのあまり&純粋に食べたくなった駄菓子を購入、事務所に戻って1人で食べる事に。
しかしそれもすぐに食べ終え、やる事がないので仕方なく発注リストのチェックに手を付けていると、生活雑貨売場&レジ担当の遅番バイトの早坂さんが休憩で事務所に入ってきた。

早坂さんは自分より2〜3ヶ月くらい早く入った人で、歳も1つ上と近いのだが、シフトインする時間が違うため、普段は挨拶をする程度。
が、別に仲が悪い…みたいな事もなく、バイト仲間で遊びに行ったりする時には結構喋ったりもする。
そんな訳で2人とも休憩時間が終わるまで、バイトの話を中心に色々と話をした。
その中で特に印象に残った…というか関心を持ったのが、早坂さんが結構前から始めたという登録制のバイト。
何でも早坂さんはこのバイトの他、空いた時間を別のバイトに費やしているらしい。理由は聞かなかったが、話し方から察するに遊ぶためのお金ではなく、何かやりたい事があるような素振りだった。資格習得か専門学校の入学資金、そんなトコだろうか。
明確な目標や夢を持ってない自分には眩しい限り、そして耳が痛い話ではあるが、そういう大儀や理由を抜きにして、登録制のバイトって結構いいかも、と思う。空いた時間を使い、自分の気分次第で働く/働かないを決めれるのはマジで魅力的。今度しっかりと話を聞いてみようかな。


…今思うと、ああやってバイト先で早坂さんと話をするのは初めてのような気がする。
事実、会話中に事務所に入ってきた他のバイトや店長には「あれ、珍しい組み合わせだね」みたいな事を何度か言われたし、早坂さんがお弁当派だという事も今日初めて知った。

う〜ん、何かヘンな感じ。
…ま、楽しく会話が出来たから別にいいか。
今度また休憩時間が重なったらまた話がしたい…って、いつになるか分かんねえって(笑)





6月5日。
日曜。全国的にお休み。そして自分もお休み。
まあ次の日が休みだから昨日は残業出来た訳なんですが。

現在、時刻は12時ジャスト。
それなのにこうして早くも今日の日記を書いている、という事は…

はい、やる事が何も無いんですねえ(苦笑)
いや〜、特に趣味を持たない人間にとって、予定が一切入ってない休日は長すぎますな。

…そういや最近、ゲームも買ってねえし、服もしばらく買いに行ってないなあ。
欲しい物も今はないし、わざわざ日曜日に出かけようって気にもならない。だって自分、基本的に休みは平日だからね。どこかに行くのは平日の混んでない時にしますがな。

…でもそれってフリーター生活だから出来る事なんだよね、とか言ってみたり。
まあだからと言って急に就職活動をするでもなく、妙な危機感を覚えるでもない辺り、自分はグータラ道一直線なんだなあ、と思う。

目指せ山岡!
キング・オブ・グータラ社員!そして富井に怒られる!


…すいませんウソ吐きました。





6月6日。
雨。梅雨です。この降り方は完全に梅雨でございます。
洗濯物が乾かない、気分が滅入る、出不精になる、部屋のゴミ箱からキノコが生える…などなど、よろしくない事が多いように思われる梅雨ですが、自分はそんなに嫌いじゃないんですよね。

しとしと降る雨もいいですよ。風流ってヤツです。

今日の店は客も少なく、ヒマでした。
が、自分だけは梅雨明け後を見越した家庭菜園コーナーを展開するため、とても忙しかったです。…ちくしょう。

あ、そういえば今日、引継ぎの時に早坂さんに会ったよ(←誰に向かって言ってるんだ。苦笑)
傘に付いた水滴を店の床に垂らす客がムカツク、って言ってた。
わかる、わかるよ早坂さん。ちゃんと店の外で水滴を落としてから入れよ!って思うもん。





6月8日。
しまった、昨日は結局日記を書いてねえ。
実はテレビを見たまま眠ってしまったのであります。
っていうか火曜日は見る番組が無い。どの局も全然面白くないんだよね、火曜日って。
…じゃあ見なきゃいいじゃん、とか言われると返す言葉がないんですけどね。

てな訳で今日はしっかり日記を書きます。…ヒマだし(苦笑)

まずは本日のお仕事。
今日も天気は雨、ということで客は少なめ。相変わらず自分は家庭菜園コーナー作りに専念。
本来担当すべき社員は「だってオレ、野菜とか好きじゃねえし」とかいう全く持って訳の判らない言い訳(戯言?)を残し、資材の発注に専念してやがる…という状態。
…アイツ、クビになんねえかな。
ま、自分の好きなように売場を作れるから、別に今のままでもいいんだけどね。

そんな訳で今日は苗とタネの各売場面積を決めたのでありました。
自分はスペースを取らない&苗よりは儲けの大きいタネを多めに展開したいんだけど、悲しいかなタネから育てる人って少ないんですよね。
っていうかさ、こういうホームセンターで買った野菜の苗なんて全然健康的じゃねえんだよ、と言いたい訳ですよ。
農薬だって散布してるし、売れ残りは根が弱ってるし…
それなのに「家庭菜園で作った野菜だから美味しさが違う」とか「スーパーで売ってる農薬まみれの野菜と違って、ウチで作ったのは健康そのもの!」とか言うバカで無知で愚かでバカ(2回目。確信犯)な客が満足そうに買って行くんですよね、植え替えればいいだけの苗を。

…これで「私は野菜作りの大変さを知ってる」とか言うんだろうなあ、とか思うとヘドが出るよね。
そういう客が来たら害虫の卵をもれなくプレゼントしてやる(←ウソ。本当はそうしたいんだけどね)

以上、本日の日記でした。





6月9日。
雨時々曇り。でもやっぱり雨。そんな天気。

今日はお休み!という事で友人宅へ突撃訪問、これから夜勤があるのを知ってて遊びに連れ出す。
…あ、何かこう書くと自分がスゲー嫌なヤツみたいに映るけど、決してそんな事はありません。普段はコイツの方がヒドイ事を平気でやらかしてきます。マジでマジで。

この前なんかアレですよ、レンタルビデオの返却に行ったら、いつの間にか貸し出しケースの中身がすり替えられていて、とてもじゃないけどレンタル出来ないような内容のビデオが入ってたりしましたからね。
で、慌てて家に帰ったら、自分の部屋にヤツが笑いながら待ち構えてるのね。
…そういや中学の時からコイツには色々やられてるよな。まあその度に報復もしてるけどさ。

と、まあそんな腐れ縁の友人と遊んだ訳なんですが、今日はヤツの部屋でず〜っと音楽を聴いてました。
…何か知らない間にメチャクチャCDが増えてた。音楽好きは伊達じゃない!ってカンジでしょうか。
とりあえず本日の収穫は新人バンドが2組、あとは海外のトランスをメインに演るユニットが1組。どっちも通好みな印象。売れて欲しいと思うも、おそらく今の日本で流行るのは難しいかな、というのが本音。
マイナー嗜好を気取る気は無いが、どうしてもメジャーな音楽は苦手だ、とは自分とヤツの共通の意見。

…やっぱ好みが合うなあ(笑)





6月10日。
雨。

数日前に書いた「雨はそんなに嫌いじゃない」発言、撤回。
さすがにここまで続くと嫌になる。

たまには日光を浴びないといけないと思う。
自分も、そしてこの部屋も。





6月11日。
雨。一瞬晴れの後、やっぱり雨。
今日も早坂さんは店内に水滴を垂らす客に眉毛をピクピクさせている。
眉毛が小刻みに動いている状態は不機嫌な時、それはこの店に入ってそこそこ経っているバイトであれば知っているサインのようなもの。ランク的には黄色信号、と言った所だろうか。

…お願いです、早坂さんのためにも明日は晴れて下さい。





6月12日。
曇り。でも雲はかなり薄い。もう少しで青空も…みたいなカンジ。でも結局一度も晴れ間は見えず。残念。

ここ数日、日記を手短に終わらせているように思える。
内容も薄く、文字数もかなり少ない。
毎日ネタがあればいいのだが、どこにでもいるようなフリーターの自分に波乱万丈な日常を送るのは無理がある。
という訳で今日は少し頑張って文字数を稼いでみようと思う。
…まあ誰かに見せるものでもないので、適当に終わらせてもいいのだが。

今日の仕事について。
以前から着手していた売場作り、何とか形が見えてきたように思う。
そして今日、一部の苗(生育の遅いor収穫まで時間のかかる作物)が入荷、早速その売場に陳列する。
が、やはりまだ届いていない商品の方が多く、少ない種類を無理矢理並べた感はどうしても否めない。
もし本格的なシーズンになってもこの状態なら…と思うと怖すぎる。とりあえずそんな店があるなら是非とも見てみたい。そして鼻で笑いたい。
…あれ?何か最近、微妙に性格が悪くなってきてるぞ?(笑)

本日の夕食について。
すっかり忘れていたが、今日は一番下の妹の誕生日。
そろそろホームパーティーを嫌がってもいいお年頃なのだが、ヤツはとても楽しそうにケーキを食べていた。とても微笑ましい光景ではあるが、そろそろ「お父さんの下着と私の服を一緒に洗うのはイヤ!」みたいな事が起きてもいいような気がする。
…と、話が逸れてしまったが、そんなこんなで今日の夕食はごちそうの類。久し振りに熱々の鉄板に乗ったステーキを食べたような気がする。
それにしてもまだあったのか、ステーキ用の鉄板。確かアレは俺が物心ついた時からすでに我が家にあったような気がする。もしかしたら俺より年上?
まあ何にせよ、物持ちがいいのは結構な事だ。また近いうちにステーキが食べたい。サイコロステーキでも可。ファミレスに食べに行くのでも可。
…鉄板、どうでもよくなってるじゃん。

くせっ毛の天敵。
今日もやっぱりパッとしない天気。湿度が高いと髪が変なウエーブを形成するから厄介だ。
っていうか最近、全然髪を切りに行ってないので、朝なんか特に大変だったりする。この前も頭の右側は伝説の戦闘民族、左側はどこぞの魔法少女のパパみたいな髪になっていて参った。何のコラボだよ(笑)

明日はどうなる?
何やら明日の天気は「晴れのち雨、ところにより曇り」という、ある意味正解率100%な予報が出されている。非常に困ったものである。
これで「明け方は霧、夜から深夜にかけて雷を伴う強風」とかだったら最高だ。オールキャスト揃い踏みな天気、面白いかも。

…以上、内容の濃さは不明なれど(笑)、いつもより長めの日記でした。





6月13日。
何と昨日の日記に書いた「明け方は霧」というのが当たってしまった。
かなり濃い霧だったらしく、その様子が全国版のニュースに流れた程。
…が、その時間自分は思いっきり爆睡していたので、全く実感ナシ。
本当に霧が出たの?とか言ってみたりして。





6月14日。
まさかの連続予想的中。
昨日の夜から今日の明け方にかけて、一部の地域で雷鳴りまくり、送電線に落ちまくりだったらしい。…スゲエ、適当に書いた予報が当たっちゃったよ。
これはもう石原性を名乗ってもいいのかもしれない。

…スイマセン、嘘吐きました。





6月15日。
今日も普通にお仕事。
特に忙しい訳でもなく、店の混み具合も普通…だったのだが、シフトアウト10分前にまさかの大量入荷。
てな訳でサービス残業突入です。…だってあのまま帰ってたら次の日荷受室が大変な事に(笑)

…いや〜、しかし参りました。
何であんな時間に配送があるんでしょう?自分に対する完全な嫌がらせにしか見えないんですが。
とりあえず今日は入荷品全ての数量チェックと荷解きだけやって帰ってきました。

そして帰り際、事務所で休憩中の早坂さんと遭遇、「最近微妙に会うよね」と言われる(笑)
で、そこからしばらく雑談モードに突入。今日は早坂さんの仕事もラクらしく、とても機嫌がよいご様子。…何よりです。

…そういえば今日も登録バイトの話になったな。
今現在、早坂さんはここ以外にオペレーターの仕事をやっているらしい、通信販売の電話窓口がメインだと言っていたのだが、聞けば色々と大変…というか厄介な客がいるらしい。それでもしっかり対応する早坂さんはエラいと思う。
もし自分がその仕事をしていて、「値引きしろ」とか言ってくる客が来たら無条件で電話を切るんじゃないかと予想。
その他、買う気ゼロのくせに色々聞いてくる&商品に文句を付けてくる客もいる、との事。…ウゼ。

…と、まあそんな感じで話をしていたのだが、あまりに自分が喋りすぎたため、早坂さんの食事時間を大きく削ってしまったり。
スイマセン、調子に乗ってお気に入りのバンドについて熱く語りすぎてしましまいた。
その結果、「食べきれないからお願い」と、早坂さんが持ってきたお弁当(手作り)を少し食べさせてもらう事に。
…まあ早い話が残飯処理(嫌な言い方だな。苦笑)なのだが、こういう処理作業であれば大歓迎、いつでもウエルカムだ。
今日、自分が頂戴したのはベーコンとゆで卵がはさまったサンドイッチと唐揚げを2個。どちらも大変美味しゅうございました。

っていうか早坂さんは完璧超人か?
自分で弁当を作っている上、バイトの掛け持ちもする…、何かスゲーな。

…う〜ん、どうも最近、日記に早坂さんが登場する頻度が高いような…
まさか惚れた?(笑)





6月16日。
2連休初日。
そう、珍しく連休なのです。
天気は曇り時々晴れ。久し振りに部屋の窓を開けて過ごせた。

そして午後、ちょこっとお出かけ。
CDショップ&電気屋を物色、アルバム1枚を購入する。
…で、帰りの車中で早速鑑賞するのだが、これが実に微妙(苦笑)
前作はパワープレイに耐え得る曲が2〜3曲あったのだが、今回のアルバムにそれだけの曲はナシ。

その後、ガッカリな気分を払拭するため、ふらりとドライブへ。
市街地、山、海岸沿い…と、まんべんなく回る。もう「ふらりと」のレベルじゃないね(笑)

帰宅後、部屋でのんびりしていると友人から電話が。
何やらパチンコで大勝したらしく、夕食を奢ってやるから来い、との事。
断る理由も無かったのですぐさま合流、焼肉をご馳走になる。上カルビ&タン塩、ウマー。





6月17日。
連休二日目。天気は朝から雨。
今日は本屋で買物。特に買うものを決めて向かった訳ではないが、フィーリングで一回も読んだことの無いコミックを買って見る。
会計を済ました後、雑誌売場で早坂さんを発見。話しかけるべきかどうか少し悩んだが、思い切って話しかけてみる。
…職場以外で同僚さんに話しかけるのは微妙に気を遣うんだなあ、と思うことしきり。

まあ別に話しかけたからといって気まずい雰囲気になったとか、「職場以外で話しかけないでよ」オーラを纏っていた…みたいな事にはならず、いつもの調子で雑談を交わす。
ちなみにこの時、早坂さんが読んでいたのは犬の雑誌。前に話した時は教えてくれなかった…というか聞かなかったのだが、早坂さんは犬の調教師、ブリーダーになりたいらしい。「目標というより、まだ夢の段階だよ」と少し照れながら言っていたが、それでも立派だと思う。
で、話を聞いているうちに知ったのだが、何やらブリーダーになるには資格が必要、そのためには専門学校に入らないといけない…との事。
しかもその専門学校というのは全国で見てもあまり数が無いらしく、もし本気で目指すなら引越しは必至、さらに学費やら何やらで結構な額のお金が必要になる…と話してくれた。

何やらかなり踏み込んだ事を聞いてしまったのが…自分が知ってしまってもいいのだろうか?
とりあえず本人が「まだ夢の段階」と言っていたので、むやみやたらに公言するのはやめようと思う。

…う〜ん、それにしてもブリーダーか。
あまりペットとかに興味の無い人なのでよく分からないが、自分の中でのブリーダーのイメージは「やっぱり素材が違うと食いつきも違うんですよね」とか言いながらドックフードのCMに出てる人…くらいの認識しかない。おそらくこれはかなり偏ったイメージだろう(苦笑)
早坂さんが言うには犬の健康管理をしたり、その犬に合わせた運動メニューを考える…みたいな仕事から交配に至るまで、仕事内容には結構な幅があるらしい。

…って、気付くとかなりの文字数をブリーダー説明に使ってるぞ(笑)
しかもまた早坂さんの事を日記に書いてるし。

てな訳で今日はもう寝ます。…どんな訳だよ。





6月18日。
連休も終わり、今日からいつものように仕事生活に。
…まあ仕事とは言うものの、身分はバイトな訳ですが(汗)

しかも仕事再開が土曜ってナンダヨ。
出来ればヒマな平日でリハビリを1日くらいしたかった…って、何を大袈裟な事を言ってるんだ自分は(苦笑)

まあそんなこんなで今日は非常に疲れました。店も混んでたし。





6月19日。
日曜。しかも天気は晴れ。
はい、当然お仕事は忙しいです。…殺意すら覚える程にね。

もうね、ダメですよ。本業の農家の人がホームセンターで苗を買い足すのはどうかと思います。
「いや〜、畑が余っちゃってよ〜」じゃねえよ(怒)
てめえもプロならそんな計算ミスとかしないで下さい。…あと「この時期になると農協や業者からは買えない」みたいな農業裏事情とか教えてくれなくても結構ですから。
てな訳で今日は超大口購入があり、おかげで売場はスカスカになってしまいました。
…そりゃあ店長も苦笑いを浮かべますがな。で、協議の結果「仕方ないから過剰ストックのある商品でも並べるか」という話になったんですが…

スイマセン店長、倉庫に余ってる商品、移植ベラ(小)と移植ベラ(中)しかないんです(笑えない)
一応ね、スカスカになった売場に並べてみたんですが、あれは引くね。ドン引きです。何で売場一面に移植ベラが陳列されてんだよ(笑)

そんな訳で移植ベラ売場はすぐさま撤収、ちょうど木材コーナーで大きなセールをやっていたので、臨時で売場をお貸ししました。よかった×2。





6月20日。
月曜。天気は大雨。結構な量が降ったが、もうこのくらいでは驚かない。
悪天候に加え、平日という事もあってか店はガラガラ。昨日はシフトアウトまで大忙しだったので、今日はゆっくり&のんびりと…と思ったのだが、毎月20日は棚卸作業があるんですよね。すっかり忘れてました(苦笑)

…と、まあ今日は棚卸のせいで変則シフト、いつもより2時間早く上がり、閉店後にまた来ないといけない…という、早番の人間にとって非常に嬉しくない勤務形態。
自分も一旦帰宅し、夕食を食べてしばらく時間を潰した後、再び職場へと向かった。
棚卸と言っても自分の担当する部門は在庫数のチェックをすればいいだけ。もしパソコン上のデータと数が合わなければ原因を調べたり、損失書類を書いたりしないといけないのだが、基本的にロスや万引が発生するような商品は自分の管轄外なので、ラクと言えばラク。
…さすがに野菜の種や農具を盗むガキはいないからね(笑)

作業は閉店直後の9時から始まり、11時半には終了。
今回も自分の担当区域に異常はなく、鼻歌交じりで事務所に戻ったのだが、食料品と生活衣料コーナーはかなりのロスがあったらしく、事務所内の机では売場担当者が必死で書類にペンを走らせていた。
この時、軽いジョークのつもりで「締め切り間際の漫画家みたいですね」と仲のいい社員に話しかけたのだが、「うるせえ!」と一蹴されてしまった。
…マジ修羅場モードですやん(汗)

で、そのピリピリした空気の中に早坂さんも混じっていたり。さすがに先の社員程はキレていなかったが、それでもかなり短い間隔で溜息を吐いていた。
周囲を気遣って小声で話しかけてみると、今回は染髪剤のロスが特にひどい、と教えてくれた。…やっぱりか、と思う。

結局自分はこの後すぐにタイムカードを切って帰って来たのだが、他の売場の人はまだまだ時間がかかりそうだった。
…明日の朝はさぞ活気が無いだろう(笑えない)





6月22日。
昨日は忙しい&疲れていたので日記が書けませんでした、と。
…まあ今日も同じくらい疲れている訳なんですが。

とりあえず明日は休みなので、たくさん書こうと思います。
だから今日はこの辺で許して下さい。






6月23日。
天気は曇り。そして一時雨。
…いきなりですが部屋のテレビが壊れました。原因は不明。でもおそらくは寿命かと。
何かね、画像がほとんど映らない…というか、全体的にメチャクチャ暗いんですよ。ほぼ真っ暗、と言った方がいいかもしれません。
これじゃラジオと何ら変わりありません。無駄にデカいラジオです(苦笑)

…と、まあそんなこんなで先週に引き続き、電気屋に行って来ました。
で、当然テレビの売場を覗いた訳なんですが…
どれも高いよ(汗)

別にプラズマなヤツじゃなくていいんです、壁に掛けるタイプじゃなくていいんです。薄さだとか奥行きなんかも求めえてないので、安いテレビを僕に売ってください。マジでマジで。

…う〜ん、これはマジで厄介です。
さすがに今の稼ぎでテレビの購入は難しいです。分割支払いにすりゃいいんでしょうけど、何か嫌なんですよね。
さて、どうしたものか…





6月24日。
花の金曜日、略して「ハナキン」です。…古。

本日の勤務中、お休みのはずの早坂さんが来店、先日の棚卸で発覚したロスについての対策会議に出席したようです。…完全に休日返上ですやん。

で、会議終了後、自分の売場に来てくれたので少しお喋り。
ひとしきり会議の話をした後、話題は昨日のテレビ故障の事に。
すると早坂さん、どこまで本気でどこまで冗談か判らないが、「一緒に登録制のバイトをやらない?」と言ってきた。

その時は「ああ、いいかもね」と無難に返答したのだが、改めて考えると結構いい案かもしれない。
真面目に検討しようと思う。





6月25日。
愉快な事が起きました。自分に売場の全てを任せてほったらかしにしていた社員が本社から厳重注意を受けました。デヒャヒャヒャ。

そりゃあね、発注書も受け取り書も売場作成FAXも全て自分のサインだもん、本社も気付くよ。
「面倒だしよく判らないからオメエの名前でサインしとけ」って言ってたのが仇となりましたな。ムヒョヒョヒョ。

…って、何かスゲー性格悪いみたいだな自分(苦笑)

ま、それも累積していたヤツへの不平不満がそうさせた、という事で片付けましょう。…きっと自分もそこまで悪人ではないでしょう(←弁明)

さてさて、話は変わって登録制バイト、一応しっかりと考えてみた結果、やってみる事にしました。
ちょうど引継ぎ時に早坂さんと会えたのでその事を伝えると、すぐさま連絡先の電話番号&「何か判らないことがあったら聞いてね」と、早坂さんの携帯番号とメアドも教えてもらいました。

てな訳で自分の番号とアドを向こうにも知らせるため、ついさっきメールを送りました。
…早坂さんのメアド、最後に「0718」って付いてるケド、これって7月18日生まれって事かな?
後で機会があったら聞いてみよう。





6月26日。
雨。もう梅雨なんて嫌いだ。
…ああ、何回言ったかこのセリフ(涙)

今日は一日ヒマでした。
売場造りもそれほど進みませんでした。
要はやる気がありませんでした。

以上。





6月27日。
曇り。時折太陽が顔を出す。
昨日のグータラっぷりとは一転、しっかり働く。

この前厳重注意を受けた社員、どうやら研修があるようです。
…ま、研修とは名ばかり、中身は罰&徹底した再教育だと思います。

噂に聞くとこの研修、かなりキビシイようです。
一部社員からは「耐え切れずに会社を辞めるかどうか」で賭けが始まってます(苦笑)
ちなみに現在のオッズは「辞める:1.15倍、辞めない:2.85倍」との事。
…そうですか、みなさん辞めると思ってるんですか(笑)





6月28日。
前々から話にあった登録制バイト、先程正式に登録しました。
で、いきなりですが明日、ちょうどお休みなので行って来ます。

勤務先は隣町、少し遠いのですが、しっかり交通費が支給されるようです。イエイ。

しかも何と!明日は早坂さんも一緒です。というかそうなるように早坂さんと連絡を取り合い、当日の勤務先までも一緒に行くことになりました。
これで1人分の交通費が丸浮き、後で均等配分してウッハウハ、だそうです(笑)

てな訳で明日は自分がクルマを出しますよ。
集合場所は…何と今現在の職場。…いいんしょうか?(苦笑)

…ま、お互い住んでいる家も知らないし、ちょうどいいと言えばちょうどいいんですけどね。





6月29日。
新しいバイト、行って来ました。
まだ初日なので何とも言えませんが、結構ラクかもしれません。
これなら余った時間を上手く活用出来ますね。

っていうか仕事よりも往復の車中の方が緊張&気を遣ったかも。
さすがに片道50分は長すぎます。そんなに会話が続きません、話のネタがありません(汗)

一応次も2人で同じ勤務先を…という話になったのですが、その時はしっかり車内会話プランを練ろうかな、と思います。
…必死だな自分(笑)





6月30日。
久々の晴れ。そして今日で6月も終わり、これでもう梅雨明け一直線!…といきたい所ですが、どうやら夏の到来はまだまだまだまだの様子。ちくしょう。

今日の店内は適度な混み具合&自分が担当する売場の入荷も適量、ちょうどいい状態で仕事が出来ました。忙しくもなく、ヒマ疲れもない。ベストですな。





7月1日。
大雨。新しい月の初めは清々しさ皆無でした、と。

…ヤバイ、日記に書くようなネタが無いぞ?(苦笑)
てな訳で過去の日記を読み返し、何か掘り下げるor後日談でも書いてお茶を濁そうと思うも、それすら目ぼしいものが見当たらない。…自分がつまらない人に思えて仕方ない。

…この前も少し触れたが、やはり最近は早坂さんについて書くことが多い。
まあここ最近で一気に会う/話をする機会が増えたので、それは別におかしな事ではないのだが…ねえ?(←誰に向けての問いかけだ。笑)

確かに早坂さんと喋っていると楽しいし、話も結構合う事が多い。
しかしそれは職場が同じ、年齢が近いから、というだけであって、仲のいい友達のような会話はあまり無い。
それが非常に気がかり…というか、微妙に込み入った話が出来ないでいる。

…何かもうよく判らなくなってきた。
もういい歳なんだからさ、こんな思春期炸裂な感情はどうかと思うよ?マジでマジで(笑)





7月2日。
土曜日。そして天気は快晴。


……メチャクチャ忙しかったです。
ここまで混んだ&大変だったのは久々、もしかしたら今年一番かも。
まさかここまで天気が良くなる(=客足が伸びる)とは思っていなかったので、今日のシフトは全部門でやや薄め、つまりバイトの数が少なめという事。
平日よりちょこっと人がいるかな?くらいの人員で今日の状況をさばくのは非常に大変でした。っていうか無理だよ(苦笑)

疲れました。もうその一言に尽きます。
特に今日は肥料や土関係が売れまくり、終始重いものを持っていたような気がします。

…そんな状況ですが、明日は早坂さんとの登録バイト2日目だったり。
こんな事になるとは思ってなかったので、一昨日の段階で出勤希望を出していたんですよね。いくら自由に働く/働かないを決めれると言っても、さすがにこの場合はキャンセル出来ないようです。

ま、仕方ないですな。
ヘマをやらかさない程度に頑張ります。





7月3日。
…登録バイト、何とか乗り切りましたよ。
でも疲れました。帰りの車内は睡魔との闘いでした。

それは昨日出番だった早坂さんも同じ、バイトの掛け持ちにかなり慣れているとはいえ、さすがに帰り道では助手席で寝息を立てていました。

…それにしても早坂さんの寝顔、可愛かったなあ。
もうね、起こさずにこのままどこまでも!ってカンジでしたよ(いくら何でもそれはマズイだろ)

完全です、完全に魅了されてます。

目指せ平常心。





7月4日。
雨。普通にバイト。
未だ梅雨明けの兆しは見せず。





7月5日。
雨。バイト。
早坂さんは休み。当然テンションは低い。
以上。





7月6日。
明日は登録バイトの日。
順番でいけば今度は早坂さんがクルマを出す番だが、自らドライバーを志願。
前から「運転は苦手」と言っていたので…というのが建前、本音は少しでも好印象を与えたい&ハンドルを握っていない状態での会話に耐えれないから、である。…我ながらスゲー姑息だと思う。
しかも先の理由の他、あわよくば早坂さんの家を知りたい、また寝顔を見たいという下賎な思惑も働いてるのが問題だ。
そこまで自分は屈折しているのか、どうして真っ先に浮かぶ考えがこういう事なのか、激しく自己嫌悪である。

…マズイ。非常にマズイ。





7月7日。
すっかり忘れていたが、今日は七夕。
天気は快晴…とまではいかないものの、何とか星空を見れる程度。
当然バイト帰りの車中、話は七夕の事に。
途中、何度も「景色のいい場所にでも…」と話を切り出そうとするも、結局そのままバイト先にて解散。

…でも今日はこれでよかったような気がする。
話を切り出そうか悩んでいる時、何も知らない早坂さんの「具合でも悪いの?」という言葉が胸に刺さる。

違うんだ、悪いのは具合なんかじゃない。


今日は別の意味で疲れた。
次の登録バイトはどうなるのだろう。判らない。





7月10日。
特に何も無し。
日記を書かなかった間も何も無し。





7月11日。
休み。しかし早坂さんは出番のため、登録バイトも休み。
何も予定の入っていない休日は久し振りだ。

でも嬉しくはない。退屈…というか、全てにおいて無気力、そんな感じだ。





7月11日。
初めて1日に2件の日記を書く。
夜、風呂から上がって自室に戻ると、早坂さんからメールが届いていた。
内容は「久々のお休みはどうですか?」というもの。
今まで仕事絡みでしかメールのやり取りをしていないので、すごく嬉しい。

とりあえずあまりにも長い返信はよろしくないと思い、適度な回答で済ませる。
本当はたくさん、それこそ送信容量の限界値まで色んな事を書きたい/聞きたい。
しかしそれはよろしくない。なので自重。





7月13日。
もはや正常な思考を維持するする事で精一杯。
まさかここまで意思の弱い、一時の感情に流される人間だとは思わなかった。

寝ても覚めても、という状態が近付いている。
どうすればいいのだろうか。





7月15日。
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓
早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓 早坂 梓




7月18日。
月曜日。天気は晴れ。
今日はシフトの都合で梓が早番、しかも自分の売場のレジとして入ってくれる事に。
同じ職場、常にお互いの顔が見える状態での仕事、一緒に入る休憩、そして梓手作りの弁当…。
最高の気分、自分は世界で一番の幸せ者だ。

仕事が終わり、一緒に帰る。
今日は自分が梓を家まで送る番。一応前に話し合ったときには「自分:7、梓:3」の割合でクルマを出す…という取り決めにしていたのだが、もうそんな事はどうでもいい。
常に、どんな時でも、俺が梓を送る。梓もきっとそれを望んでいる。このままの状態を変える必要性など微塵もないのだ。

バイト先からの帰り、少し寄り道をしてドライブデート。
天気がよかったので今日は海岸線沿いを走った。
途中でクルマを止め、砂浜を2人で歩く。自分の後にしっかりと、離れないようについてくる梓の可愛さに思わず笑みがこぼれてしまう。
そんな自分を見て梓も笑う。究極の好循環、最高の形だ。

別れ際、「今度2人で休みを合わせ、どこか泊まりで遊びに行きたい」と梓が漏らす。その案には自分も大賛成、梓が行きたいと言う場所に連れて行ってやろうと思う。

現在、時刻は夜の10時半。
そろそろ梓に「おやすみ」のメールを送る時間だ。
…この甘い生活がいつまでも続く事を切に願う。






7月18日。
現在、時刻は11時55分。そろそろ日付が変わる。


…先に書いた日記、やはり妄想を書き記すのは耐えれない。
後になって読み返すと、つくづくイタイ行為だな、と思う。

ここまで狂ってしまうとは思わなかった。
日記と言うのは自己と対面出来る場、自分の心に素直になれるものだと思っていたのだが、それがこうして虚偽の内容を書き記すとは…

自分は自分で思っていた以上に自分という人間を判っていないようだ。

そんな自分が、今はとても嫌いだ。





7月19日。
まだ気持ちは安定しない。
仕事も細かいミスが目立つ。
それでも何とか平常を装う事は可能。
今日の引継ぎ時に早坂さんと合ったが、普通に接する事が出来た。

それが当然、出来て当たり前の事なのだが。





7月20日。
旧海の日。しかしまだこの街で泳ぐには早すぎる。
そして天気も悪い。果たして本当に梅雨明けしたのだろうか。

今日は登録バイトの日。普通に待ち合わせ先で出会い、普通に働き、普通に帰ってくる。
自分の中でのぎこちなさはあるが、早坂さんは特に気付いていないようだ。

…まあ別に何とも思ってないのだから当然、勝手に意識している自分がどうかしているのだが。





7月21日。
2日連続で登録バイト。
昨日以上に早坂さんに対して自然に振舞える自分がいた。
とてもいい兆候だと思う。

…が。
このまま時間をかけ、もっとたくさんの話が出来るように、プライベートでも会えるような間柄になろうと思っていた矢先、早坂さんの口から衝撃的な話が。

早坂さん、今月一杯で登録制バイトを辞め、今のメインのバイトもかなり出勤日数を減らすらしい。
理由は専門学校の入学資金と引越し費用、そして当面の生活資金が溜まったから。そして入学試験を受けるため、本格的に勉強に専念したい…と、早坂さんは言っていた。

元々早坂さんは将来の夢、目標のために掛け持ちでバイトを続けてきたのだ、必要な額が溜まったから辞める…、それはごく普通の考えだろう。

しかし、出来ればもっと早く、せめて自分がこの登録バイトを始める前に軽く言ってくれれば…と、自分は思ってしまう。

まあ壊れたテレビを買い換えるため、というのが理由、ずっと続けていくとは一言も言っていないため、早坂さんも特に気にかけていなかったと思う。
実際、もうテレビを買うだけの額は稼いでいるし、早坂さんもそれを知っている。
…ただ、そんな早坂さんでも、「自分が早坂さんの事をどう思っているのか」までは知らないと思う。

今日、こうして話を切り出したのは、おそらく彼女の中で「そろそろこの人も辞めるのでは?」みたいな考えがあり、だったらちょうどいい機会なので話しておこう…という流れになったように自分は思う。
勿論これは勝手な推測、全くの見当外れの可能性もある。だが、自分的にはあながち間違いではない、それなりに的を射ていると考えているのだが…


ダメだ、全然判らなくなってきた。
文面もおかしい、書いてる本人すら混乱してしまう。


どうすれば、いいのだろう。





7月22日。
天気は雨。今日は正規のバイト。
先の事であまり悩まないよう、無駄に気合を入れて仕事を行う。
幸い…と言うべきなのだろうか、今日の引継ぎ時、自分は業者との打ち合わせに追われ、早坂さんと挨拶を交わす事無く帰宅した。

一日会わなかった事で少し冷静になれた…ような気がした。

早く自分の気持ちを整理しないといけない。
その後どうなるかなんて判らない、でもこのままではいけない。
どんな結果になろうとも、こんな状態を続けるよりはマシだ。





7月23日。
雨。バイト。
今日は普通に挨拶を交わす&軽く雑談もした。
明日は休み。登録バイトも無い。

ゆっくりと、そして色々考えてみようと思う。





7月24日。
どうやら今年は夏の訪れが非常に遅いらしい。
…と、ニュースでやっていた。

今日は朝からずっと考え事。
こんなに頭を使ったのは入試以来かもしれない。

そういえば最近、日記が日記の役割を果たしていないなあ、と思う。
先月の初めまでは普通の日記だったのに(苦笑)

…何か「(苦笑)」とか使ったのも久し振りかも。
やはり自分が書く日記はセルフツッコミ満載、「(笑)」や「(汗)」も満載でないとしっくりこない。

…うん、自分でも判る。
今はかなり頭が冴えてる。そしてメチャクチャスッキリしている。
ちょっと前まであれだけ悩んでいたのが信じられない。
内に篭ってしまう、狭い視野のまま考え事をするのは危険だね。…このセリフ、説得力あるな(笑)

まあそんなこんなで結論。
変に考え込んだり、余計な詮索はしない。
素で接する。そして鼻につかない程度に積極的になる。

以上、自分の行動、言動に後悔しないよう、少なくともその瞬間はベストだと自信を持って言える立ち振る舞いをしていこうと思う。


…自分は早坂さんが好きだ。
そしてその想い人は今後、遠いところへ旅立とうとしている。

ならば、その時後悔しないためにも、自分が取るべき行動は限られている。
悩むよりは行動、直感で動くことも時には大切だ。

…よし、大丈夫。





7月24日。
現在、時刻は夜の11時を少し回った辺り。
ちなみに先の日記を書き終えたのは10時半である。

先の日記を書き終えた後、自分は早坂さんに電話をかけた。
「明後日、ちょうど2人とも休みなので、遊びに行きませんか?」と。

自分でもいきなりだな、唐突過ぎるのな、と思う。
…これは失敗だ。認めざるを得ない。
電話に出た早坂さんも少し驚いていたが、すぐにいつもの調子で「うん、いいよ」と言ってくれた。
ここで大きくガッツポーズ、叫びたくなる衝動に駆られたのだが、その後に続く「…で、どこに行くの?」という言葉に詰まってしまう自分。
…これも失敗。いくら悩むよりは行動!と言っても、最低限のプランニングはするべきである。反省。
この質問に危うく「何も考えてませんでしたスイマセン」と言いそうになるが、何とかその言葉を飲み込みつつ必死に頭を回転させ、「海に行こう!」と提案。
とっさの判断にしては悪くないと思ったのだが…

「いいけど…泳ぐのはまだ早いよ。それに今週はずっと天気よくないって言ってたよ?」
これが返って来た早坂さんのセリフ。
…う〜ん、バットタイミング(笑えない)
っていうか何で今年に限ってこんな海シーズンの到来が遅いんだよ。しかも雨の日多すぎるし。

…ええ、これも失敗です。
3連敗ですがな。
さすがにここまで外してしまう&空回りしてしまうと、後に言葉が続きません。
「…ああ、終わったかもしれん」心の中では早くもそう思ってました。先の威勢の良さはどこに行ったんでしょう?(苦笑)

しかし!
こんなボロボロ&グデグデな提案にも関わらず、早坂さんは「樋野クンから誘ってくれるなんて珍しいよね。…ちょっと嬉しいな」と言ってくれました。いや、仰って下さいました(←丁寧に言いすぎ。笑)

嬉しいです、そして何よりホッとしました。
失敗だらけの電話でしたが、行動しないよりは全然マシだと思います。

…ま、「今度からはいきなり電話じゃなくて、最初にメールを送って欲しいな」と、やんわり釘を刺されてしまったんですけどね(笑えない)
スイマセン早坂さん、以後気をつけます。
そりゃあ夜10時過ぎにいきなり電話はよろしくないよね。
っていうか「明日は珍しく早番だ」って喋ってたじゃないかよ…

ええっと、そんなこんなで結局失敗だらけ(全て?)ではありましたが、何とか遊ぶ約束を取り付ける事に成功しました。
…ええ、後悔はしていません。ちょっと準備不足だったなとは思います。でもいいんです、結果オーライです。

明後日、メチャクチャ楽しみです。





7月25日。
天気は雨。明日がとても心配。
今日は一日がとても短く感じた…というか仕事をしていた記憶が無い。これはちょっとした問題かも(大問題だよ)

さっき、早坂さんからメールが届いた。内容は次の通り。
「明日、楽しみにしています。でも天気が心配です。…晴れるといいなあ」
…ホント、晴れて欲しいです。

もうね、怖くて天気予報が見れません。っていうかカーテンを開けるのも怖い(笑)
何か微妙に外からポツポツという音が聞こえるのですが、きっと気のせいです。

…だからお願い。明日は晴れて下さい、お願い。





7月26日。

…晴れた。

朝起きたら外が明るかった。さらにスズメも鳴いていた。

本当によかった。
…ちょっと泣いたのは秘密の方向で。

現在、時刻は10時ジャスト。
そろそろ待ち合わせの場所に向かう時間です。

着替えて、しっかりヒゲを剃って、髪をセットして…
準備は整いました。忘れ物もありません。
あとは今日を楽しんでくるだけです。



…それじゃ、行って来ます。

今日の夜、「楽しかった」という出だしで日記が書けますように。






                                     「日記」 END   






<トップへ>


inserted by FC2 system